つくし保育園 戸塚 スタッフブログ
2018.02.17
発表会

全園児が主役となっての発表会。初年度は園内で実施いたしました。

初年度は何もかもが初めての中「発表会」を子ども達がイメージし、見通しが持てるようには、、が課題でした。

しかし、各クラス、子ども達の普段の好きな遊びの延長上に会があればいいのではないかという発想で、乳児は練習ではなく好きな遊びの繰り返し、幼児はある程度の見通しを持ち練習も行いました。

多くの人の前に立つこと自体、緊張するものです。

その緊張の中、表現できる力はこどもの成長の証であると思います。

そして、子ども達は緊張だけでなく、見てもらえることの喜びも感じていたようでした。そのような体験ができたことはご家庭のご協力なしにはなしえなかったことを思い、多くのご理解ご協力に改めて感謝の念がわいた1日でした。

こどもは主役、職員は文字通り黒子に徹しました。

舞台

ライブ中継モニター室

発表    

 

2018.02.02
節分の日会

節分というのは・・。昔は春が1年の始まりでした。そしてその1年が始まる前に、悪いもの(鬼)に出ていってもらうために行ってきたものだそうです。

鬼を退治するのにまくものはな~んだ? 「おまめ!」

節分に食べるものはな~んだ?「えほうまき」

そんなクイズもあり、みんなの中にも鬼はいるかな?という紙芝居をみて、みんなの中にいる鬼にも出て行ってもらう練習をしました。

そんな練習をしているところに、、お客さん(?)が・・・・・・

なんと、みんなの中の悪いものが大きな鬼となって保育園に現れました!

大人からみても迫力のある鬼、子ども達もこわかったり、驚いたりで泣いている子どももいました。

しかし、鬼が来たらどうするの?を覚えていた幼児が先頭になって鬼退治に励んでくれました。