つくし保育園 センター南 スタッフブログ
2018.06.21
6月の誕生日会がありました♪

今月は誕生児の割合が幼児クラスに多かったこともあり、しっとりと落ち着いた雰囲気で入場する姿が見られました。

誕生児の紹介では、名前を言うときに恥ずかしくて声が小さくなってしまう子もいましたが、保育士が「もっと大きな声が聞きたいな」と声を掛けると二回目はとても張り切って答えてくれました!

職員からの出し物は『魔法のぬり絵』でした。

白い紙に線描があるだけの絵が、みんなで魔法をかけるとあら不思議。

きれいに色が塗られた絵に大変身です♪

急に色がつくと『すごーい!』『どうして?』と声が上がり、「次は何色になるかな」と問い掛けられると『オレンジ!』『赤!』と、色を言い当てようとする子もたくさんいました。

魔法の言葉は「ちちんぷいのぷい」です。

幼児クラスの大きな声につられて、乳児クラスも手を叩いたり真似をしたり。

みんなの心がひとつになりました^^

2018.06.15
試食会5日目♪♪♪♪♪

試食会も今日で終わりです。

今日のメニューはというと…

ご飯・中華スープ・回鍋肉・春雨サラダ・オレンジ・麦茶でした。

保育園の給食といえど、メラミンやプラスチックの食器ではなく陶器のものを使用しています。

ひとり分ずつトレーに乗っています。

幼児クラスになるとトレーは自分で運び、片付けも行います。

今日もミールケアの話は野菜パンから始まりました。

保護者の方に保育園を知っていただく機会となりました。

幼児クラスは冬に保育参加もあります。

参観ではなく、参加なので保育士の気分も味わってもらえるでしょうか。

またお待ちしています。

お忙しい中、時間を作って下さりありがとうございました♪

 

2018.06.14
試食会4日目♪♪♪♪

今日も試食会があり、幼児クラスの保護者の方に参加していただきました。

みなさん、きちんと時間に集まってくれます♪

『食』を大事なものとして保育園も思いを伝えられる試食会はとてもいい機会ですよね。

これからますます暑くなる季節、食事の面からも丈夫な体作りをしていきたいです。

今日のメニューはこちらです。

子ども達はデザートが大好きです。

チーズもデザートと考えているようで、食べるときはニコニコしていることが多いんですよ。

保護者の方はお箸も食器の扱い方もとても上手です。

同じ空間にいることでそういった雰囲気が自然と子ども達にも伝わります。

教え込むのではなく無意識に身に付くというのは『非認知的能力』が育つということになりますね。

明日は試食会最終日。

どのような交流が生まれるのか楽しみです。

2018.06.13
試食会3日目♪♪♪

試食会三日目

今日も《野菜パン》の試食をしてもらいました。

野菜の苦手なお子さんも、この野菜パンを食べることで、『自分も野菜を食べられた!』『他の野菜も食べてみよう』という気持ちが持てるようになれば・・・というミールケアさんの願いもあるようです。

子ども達の給食準備を温かい眼差しで見守って下さるお母さん方。

子どもたちも『ちらっ♪』とお母さんたちを意識しながらも、いつも通りに支度をしています。

こぐま組のお当番さんが活躍の時間(^^)

全員の分のお茶の用意をしてくれたり、ご飯をよそってくれたりします。

 

楽しい会話があちらこちらから聞こえていました。

苦手な食材があっても、お母さんたちに励まされ、頑張れる子どももいました。

みんなで食事をすることの楽しさを感じられる時間となりました。

今日もお越しいただきありがとうございました。

 

2018.06.12
試食会2日目♪♪

試食会二日目です。

今日もミールケア(給食委託業者)によるお話から始まりました。

ミールケアは日本の食文化を大切にしていて、昔から食卓によくのぼる「懐かしいおかず」を、献立にたくさん取り入れているということでした。おばあちゃんの味♪を保育園でもたくさん味わえるということですね。

ミールケア自慢の『野菜パン』(卵・乳 不使用)

野菜パンは4種類あるそうですが、今日は《かぼちゃ》と《ほうれん草》を試食していただきました。『ふかふかで美味しい♪』という感想でした。

今日もセルフ配膳方式で食事の用意をしていきます。4月は恐る恐る運んでいたこあら組もすっかり手馴れて、上手に自分の席まで運べるようになりました。

いつもと違う雰囲気に子どもたちは嬉しそうです。いつもより食が進む子どもも沢山いました。

給食の時間をどんな風に過ごしているのか知っていただくよい機会になったと思います。

お忙しいところお越し下さってありがとうございました。

2018.06.11
試食会1日目♪

保護者の方に保育園の給食を知っていただく、試食会が今年度も始まりました。

幼児クラスを対象に行います。

今年は、保護者の方に給食が始まる前に集まっていただきミールケア(給食委託業者)より話がありました。

熱心にメモを取られる方もいました。

興味を持っていただけるのは嬉しいですね。

午前の活動が終わると、子ども達は食事の準備です。

こぐま組のお当番さんが大活躍!

テーブルを拭いたりお茶を入れたりしてくれます。

給食はセルフ配膳方式なので、トレイに自分の分をセットしていきます。

給食は子ども達の普段の様子を知ってもらうため、一緒に食べます。

いつもとは違う雰囲気に、いつもよりおしゃべりも弾むようです。

 

今日はあいにくの雨でしたが、お越しいただきありがとうございました。

2018.06.08
第二回おはなし会がありました。

今年度 二回目のおはなし会がありました。

今日も年齢に合わせ、素材や題材を変えていろいろなお話が聴けました。

細いセロファン紙が何本も貼られた玩具で…

『しゃぼんだまとんだ~♪ やねまでとんだ~♪』

持ち手をクルクルするとセロファン紙がふくらんで、まるでシャボン玉のように見えます。

うさぎ組、りす組の子どもたちは目が釘付け(^^)

本当にシャボン玉が飛んでいるようで、とても不思議です。

カエルとかたつむりの組み木を使ってお話が進み、先生の温かな語りに子どもたちはどんどん引き込まれていきます。

ひとつひとつ高く積み上げられていく「カエル」と「かたつむり」・・・ 倒れないかドキドキ(・・;)

『ぼくがとびかたをおしえてあげるね!』とカエルさん♪

子どもたちにとっては、人形がまるで生きているように見えたのでしょうね。

年長のこぐま組になると『積み重ね話』も出てきます。

『これはさっちゃんのお気に入りのかさ』

『これはさっちゃんのお気に入りのかさと仲良しの長靴…』

という具合に、言葉を積み重ね、最初の言葉に早口で戻る という言葉遊びです。こぐま組になると、こんな難しい遊びもできるんですね。

 

こぐま組の最後の出し物は《素話》

子どもたちそれぞれが、お話を聞いて頭の中でイメージしていきます。お話をイメージすることで、「想像力」や「記憶力」「話を聞く」という力がつき、就学へと繋がっていくのです。

どのクラスも楽しい一日でした。

次回も楽しみですね。

2018.06.05
♪こぐま組グッドタイム リビング交流会♪

今月もグッドタイム リビング(老人ホーム)交流会にやってきました。

今月のテーマは『ビー玉あそび』♪♪♪

入居者の方にとっては懐かしい遊びですね。

入居者の方二名、子ども二名の1グループでテーブルにつきます。

枠の中に置かれたビー玉を親玉で当てていき、ラインから出たボールをもらえるというルールです。

でこピンの要領で・・・ピン!

子どたちは顔を斜めに傾けたり、いろいろ体勢を変えてビー玉を狙います。

でも、思った通りにはなかなかいかず、右へコロコロ・・・ 左へコロコロ・・・

入居者の方々が、いろいろなアドバイスを下さったり、特別サービスだったりして、ビー玉をゲットしている子もいました。

三回目の交流会で子ども達もすっかり緊張が解けて、大きな笑い声が聞こえてきました(^^)

カップの中にはビー玉がたくさん♪

みんなとても嬉しそうです。

今日もおじいちゃん、おばあちゃんたちと、楽しい思い出がたくさんできました。

2018.06.02
園内研修に取り組んでいます

つくし保育園センター南がある横浜市都筑区は保育士の質の向上を目的とした研修が数多く企画されています。

もちろんそれらの研修に職員が参加もしますが、それ以外に園内研修も行っています。

園内研修とは、外部で行う研修に参加した職員からの報告や共有した方がいい情報の周知のことではなく、園独自に取り組んでいる研修のことなんです。

日々の保育にも役立てられることとして、今年度のテーマの『室内遊び』について毎月一回職員が集まってディスカッションをしています。

ただ毎日同じ生活リズムを繰り返しているだけでなく、子ども達に提供するあそびひとつひとつにねらいを持ち、発達に繋がるようにしています。

保育とはなかなか奥深い仕事です。

 

発表者は月替わりです。

今回はうさぎ組の担任から『新聞紙あそび』をしたことの計画・準備・実践・振り返りを聞き、皆で話し合いました。

『新聞紙』という素材ひとつだけで話は膨らみ、それぞれの担任から自分のクラスではこういう遊び方をしていると意見も出されます。

職員がお互いを刺激しあい、新しい発見をしてとても有意義な時間でした。

意見がたくさん出ることで知らず知らずのうちに、「次の学年ではこんなことができるようになるんだ。ならば今はもっとここに重点を置いてみよう」と意識できるようになります。

つくし保育園センター南は職員同士の仲もいいので、新人もベテランも臆することなく意見交換ができます。

主に午睡の時間を使って園内研修を行い、スキルアップに役立てています。