つくし保育園 センター南 スタッフブログ
2018.12.26
メリークリスマス!

昨日はクリスマス!保育園でもクリスマス会が開かれました。

パネルシアターを見たり、職員からの出し物の合奏を見たりして盛り上がっていると…

どこからか、シャンシャンと鈴の音が聞こえてきました♪

待ちに待ったサンタさんの登場です!

「今日は何を食べるの?」

「トナカイは連れてこなかったの?」

「プレゼントを全部配りきれなかったらどうするの?」

と、子ども達からの質問に答えてくれます。

でもサンタさんは遠いフィンランドからやってきたので隣にいる保育者が通訳してくれます。

ちなみに、今日のメニューは七面鳥とケーキだそうです。

トナカイは9頭もいて大きくて部屋には連れてこれないので、コーナンの屋上に置いてきてるとか。

そして、今までプレゼントを配りきれなかったことはないそうです。

さすがですね。

クラスごと記念撮影をして、保育園にもたくさんのプレゼントをくれました。

そしてまた来年ー!とサンタさんは帰っていきました。

子ども達は早くも次のクリスマスに何をもらうか考えているようです♪

2018.12.25
こども服の安全について学びました。(幼児クラス)

21日にNACSの方々にご協力いただき「こども服安全講座」が開かれて、幼児クラスの子ども達が参加しました。

日頃着ている服を、時と場合や場所によって選択しましょうという趣旨のもと開かれました。

今はJIS基準というものがあるので以前ほど危険な服はなくなったようですが、それでも何気なく着ている服にどのようなリスクが潜んでいるのかをみんなで学びました。

パーカーの紐は引っ張るとこんなに首が締まってしまうものもあります。

5つのグループに分かれ、テーブルに置かれた服を実際に手に取ってどこが危ないのかを話し合います。

もちろん、危険ではない服も混じっていますが、子ども達はきちんと把握していました。

クイズ形式でどこが危ない?と聞かれるとほとんどの子が正解の箇所を指させました!

反射材を使った服の紹介もありました。

ビューワーというライトを当ててみると、

こんなに光るんですね。

今はまだおうちの人と一緒のお出かけですが、これから先小学生になってひとりでの外出時には参考にしたいです。

来月の保護者会の日にも、こういったこども服についての話をする予定です。

2018.12.21
グッドタイムリビング(老人ホーム)交流会 こぐま組

今日もグッドタイムリビングセンター南にやってきました♪

おじいちゃんおばあちゃんたちと、何をして過ごすのかな?

ワクワク♪

 

サンタクロースの格好をしたおじいちゃんおばあちゃん、そしてスタッフの方々が子ども達を出迎えてくれました。

今日も大きな声で自己紹介。

今日はクリスマスソングをみんなで歌います。まずは、発声練習 『サンタさんの笑い方は・・・おーっほっほっほー!』

ピアニストの素敵な伴奏で、ますます歌が盛り上がります♪

『ひいらぎかざろう♪ ふぁらららら~♪♪』みんなでダンス♫

おじいちゃんおばあちゃんから、たくさんプレゼントをいただきました☆

こぐま組の子どもたちからはアイロンビーズで作った「コースター」のプレゼント♪ 受け取ってくださったおばあちゃんと子どもの年齢差は90歳!!! こうして同じ空間でクリスマスを祝い合えることは、とても素敵なことですよね。

歌って踊って♫楽しいクリスマス会でした。

2018.12.20
❁❁12月のお誕生会がありました❁❁

12月生まれのお誕生日会がありました。

こんなにたくさんの子が主役です!

大きくなったら何になりたいかを聞かれた幼児クラスの子は、

「忍者!」

「ゲームの達人!」

「○○くんのお嫁さん!」

と、素敵な答えが返ってきました。

職員からの出し物は、『グリーンマントのピーマンマン』のエプロンシアターです。

お野菜いっぱい食べてハライタバイキンもノドイタバイキンもやっつけよう!

今月も楽しいお誕生会でした❁

2018.12.19
元気に親子ふれあい体操!

12月16日の日曜日に『親子ふれあい体操』を行いました。

神奈川県スポーツ局と早稲田大学にご協力いただき、茅ヶ崎東小学校の体育館で盛り上がりましたりました♪

まずは音楽に合わせて身体をほぐします。

「親子で一緒に!」というのが今回のポイントです。

保護者の方もノリノリですね。

うさぎ組からこぐま組までまぜこぜでしたが、クラス関係なく笑顔が溢れていました。

うさぎ組の女の子もこんなに身体を動かしています♪

神奈川県では健康な身体作りのために、1日30分週に3回3ヶ月継続して運動をすることを推奨しています。

それを『3033体操(サンマルサンサンたいそう)』と呼んでいます。

特別な場所や道具を用意するわけではなく、家庭の中の少し空いた時間で子どもと遊ぶついでに身体を動かす、そうすれば子どもも楽しい!

すごいですね。

保育でも役立つヒントをたくさんもらいました。

ご協力、ご参加をありがとうございました。

2018.12.15
12月のおはなし会

おはなし会がありました.

『ドッチン カッチン カジヤノコ♪』のわらべうた♪

ひよこ組のお友達も久しぶりの先生に人見知りすることなく、みんなで落ち着いて先生のお話を聞けていました。楽しいことをしてくれる先生ってことが分かってきたようでした。

うさぎ組、りす組さんも誰一人おしゃべりせずに、静かに座って聞いています。

先生の独特な優しい語り口調にみんな魅せられているようでした。

『おやおや おんなじやさいにも みがあるよ♫』

『わんわんほえるの いぬですね。にゃーごとなくのは ねこである』

同じ音を持つ言葉やフレーズをつなげて、リズミカルにお話が進みます。

ただ聞いているのではなく、先生が『よく見てね よく聞いてね』と声をかけるだけで、子どもたちは意識して聞けるようになっていきます。

 

マグネットシアター

沢山のキャラクターが登場し、子どもたちは話の予測をしながら聞いています。こうしたことを繰り返すことにより自分の中でイメージをし、素話を聞ける力がついてくるということでした。

☆もうすぐクリスマス☆

くまさんのところにサンタクロースがやってきました。クリスマスと聞いて子ども達もお話にますます釘付けです。

こぐま組の最後は素話。今回は『こびとのくつや』

素話は、小学校に行って教科書を読んで理解するということにもつながっていくのです。

保育士たちも保育の実践に生かせることを先生からたくさん学べたおはなし会でした。

2018.12.13
こあら組の新聞紙遊び!

先日のこあら組の様子です。

活動の合間にできた時間で集団遊びをしていました♪

床に新聞紙を一枚ずつ広げてルールの説明。

担任はいつも楽しいことを教えてくれるので、今日はどんなことをやるのだろうと子ども達は期待しながら聞いてます。

今回は新聞紙を使った『お引越しゲーム』です。

合図に合わせて新聞紙のおうちに入ります。

担任はおおかみ、子ども達はこぶたです。

そう、「3匹のこぶた」のようにおおかみに食べられないようにおうちに入るのです。

でも、おおかみは力持ち。

少しずつ新聞紙(のおうち)は取り上げられていきます。

おうちに人数制限はないので、みんなで肩を寄せ合いながらぎゅうぎゅう詰めになりました。

誰一人として、お友達が入れないように邪魔をしようとする姿はなく、むしろ「こっちにおいで」「もう少し端っこに行って」など協力の言葉の掛け合いがありました。

最終的には2枚の新聞紙に13人の子ども達が収まりました!

共感遊び大成功です♪

最後に、おおかみ役を子ども達に変更して新聞紙のおうちをビリビリに。

あんなに大事に扱っていた新聞紙ですが何の未練もなく、細かく裂く作業は大盛り上がりでした。

ちぎった後はひとつのポリ袋にまとめて、また別の時間にボール遊びをしました☆

2018.12.12
もう師走ですね。。

先週、汗ばむくらい暑い日がありましたが、ここのところ急に冷え込むようになりましたね。

冬至もまだなのに、日が暮れるのも早くなったように感じます。

でも、ご存知でしたか?

辺りが暗くなるのが早くなったという体感は合っているそうです。

冬至は日が出ている時間が一年の中で一番短い日。

今は日の入りが一年で最も早い時期なのだそうです。

その分、日の出も早いので冬至ほど日中の時間は短くないそうです。

自然てすごいですね。

 

さて、こんな寒い日は無理にお散歩に出かけずにお部屋の中で過ごしたりもします。

雨が降っているとき同様、運動遊びをするクラスもありますが、この日のりす組…

椅子に座ってジグソーパズルをしていました。

うさぎ組の頃から少ないピースには触れていましたが、今ではもっとピースの多い複雑なものもできるようになってきました。

それに比例するように集中力もついてきました。

おままごとでも料理のレパートリーや作る手順が細かくなってきました。

見立て遊びもとても盛り上がります。

玩具は年間を通して同じものを使うのではなく、子ども達の成長に合わせて難易度を上げたものを用意しています。

向上心も育ってきたようです。

たまにはこうして、ほっこりとした時間を過ごすのもいいですよね♪