つくし保育園 センター南 スタッフブログ
2017.05.29
茅ヶ崎公園へ行きました!(こやぎ・こぐま組)

今日はとても天気が良かったので、少し足を延ばしてこやぎ組とこぐま組は茅ヶ崎公園へ遊びに行きました。

広々していて気持ちがいいです。

子ども達も元気よく走り回っていました。

 

途中、呼ばれて行ってみると…

カモが二羽休みに来ていました。

「何してるんだろうね」「お父さんとお母さんなのかな」と子ども達は話し合っていました。

こういうところでも想像力って培われていくんですね。

 

他にも大きな石や低い塀を見つけました。

「どうやって運んできたんだろうね」と話していたのですが…

どうやら登ってみたいという好奇心の方が勝ったようで、最初は怖々と。

けれど一度飛び降りてしまえばあとはへっちゃら!

きちんと順番を守って、友達を押したりはせずに楽しんでいました。

細かく指示を出さなくても、どうすれば快適に楽しく遊べるのか理解できる年齢なんですね。

 

こちらでは、ダンゴムシを発見したようです。

自慢げに披露してくれました。

そして自分だけのものにするのではなく、友達の掌にも載せてあげていました。

こうやって毎日仲良し度が上がっていきます♪

 

たっぷり遊んだあとは、別ルートで帰園します。

自然豊かな公園ですね。

「ここでお弁当を持って行ってピクニックしたいね」と満喫した子ども達から声が上がっていました☆

 

帰り道では、青もみじやつつじ、あじさいが綺麗に咲いていましたよ✾

2017.05.26
午前中は雨でしたね。(うさぎ組~)

思ったより昨日雨が降らなかったせいか、今日は朝から大雨でしたね。

普段は昼食までの活動を主活動として公園に行ったり制作をしたりします。

雨の日は雨の日の楽しみ方をします。

うさぎ組では、保育室の中にアスレチック遊具を用意して、はしごのぼりや滑り台を行い身体をたくさん動かしました。

 

りす組では椅子に座って集中する時間を設けていました。

ひとり1枚ずつ線で枠が描いてある紙をもらい、そこへ好きなようにシールを貼っていきます。

枠の中に丁寧に貼っていく子、線に沿って貼っていく子など様々でした。

 

幼児クラスはつきグループとほしグループに分かれての活動でした。

つきグループでは、ハンカチ落としゲームで盛り上がりました。

 

ほしグループでは先生の掛け声で同じ動きをしました。

「爬虫類の動き」と「カメの動き」をしているところです。

 

昼食の頃には雨が上がりました。

土日のお天気はどうでしょうか。

また来週、元気に遊びましょう♪

2017.05.25
またまたまた積み木遊びに行きました。(こぐま組)

今日のこぐま組は茅ヶ崎南保育園に積み木遊びに行きました。

これまでと同じように近隣の保育園と合同で遊んだのですが、今回はギャラリーがいっぱいでした。

都筑区の積み木遊び研修として、子ども達はモデルとしての参加となったのです。

童具館の指導スタッフの方に来ていただき公開保育を行いました。

 

指導スタッフの方からは「いろいろなことをして遊べる積み木は生きてると思う?」と子ども達に質問が。

 

耳に当てて音がするかを聞こうとしたり、

掌に乗せてじっと見つめてみたり…。

「何か聞こえる!」「動くのかな?」と真剣に考えます。

指導スタッフの方からは、「積み木は木を切り出して作っているものだから、もう生きてはいないけれど木だったときにはお日さまや雨を浴びて過ごしてきたんだよ」とのことでした。

 

到着してみると、マットの上には、ひょうたん型に立方体の積み木が並んでいました。

前回までと同じように積み木を重ねています。

 

途中からは茅ヶ崎保育園の園長先生に中に入ってもらい、積み重ねました。

上手に穴が開くと、中から手を振ってくれましたよ。

 

自分たちも入ってみたくてうずうずしています。

 

中はこんなに広々。

順番に楽しみながら通り抜けました。

 

お天気が心配でしたが、行きも帰りもほとんど雨に降られることなくすみました。

日ごろの行いのおかげかな?

積み木遊びはいつも年長児だけなので、幼児さんみんなで遊びたいねと言いながら園に戻ってきました。

 

今回使ったのはこの4種類の積み木でした☆

2017.05.24
玄関の制作が完成しました♪(こやぎ組)

先日ブログでお伝えした、こやぎ組のビー玉転がしの制作の続きです。

4色の台紙の裏には…

このようにTシャツの線が描かれていました。

これを…

自分で線に沿ってはさみで切っていきます。

左利きの子は、左利き用のはさみを使います。

カラフルに仕上がったTシャツは並べて貼るとこの通り。

洗濯物に早変わりです。

段々と梅雨が近づいてきていますね。

晴の日にはたくさん遊びたいと思います。

玄関入って正面のスペースに毎月担当するクラスが制作したものを掲示しています。

切り替わったらブログでもご紹介していこうと思います♪

2017.05.23
体操教室がありました☆②☆(幼児クラス)

昨日に続いて、幼児クラスの体操の様子をお伝えしていきます。

少し長くなりますが、最後までお付き合いください。

 

こあら組以上は第二園庭で体操教室を行いました。

まずは整列してお話を聞きます。

約束することは一つだけ。

『お友達を押さないこと』

 

大きな声で返事ができたり、素早く戻ってこれた子には先生が高い高いをしてくれました。

高い高いという遊びも、高所から下を見下ろすということで鉄棒の前回りでぐるんと回転する怖さに慣れることに繋がるそうです。

 

ここでも鉄棒にぶら下がり足を振ります。

りす組に比べると肘を曲げて身体を支え、子どもによっては顔が鉄棒から出せたりします。

身体も地面を蹴って前方に出てから足をブラブラさせています。

 

やはりここでも動線の先には大人の姿が。

1周するとハイタッチ!

みんな嬉しそうに手を伸ばしてくれます。

 

最後はかけっこをしました。

げんき先生の「よーいどん!」で走り出します。

カーブでは自然と身体を傾けています。

顔もしっかり前方を見据えています。

 

こやぎ組なるとこんなに身体を持ち上げられるようになります。

1年の積み重ねは私たちが思っているよりずっと大きいですね。

こうして成長している姿を見ると、日々の保育をもっと充実させたいと身が引き締まります。

 

かけっこも行いました。

こあら組と違うのは、げんき先生が「よーいどん!」と言うのを途中でやめてしまったことです。

ではどのタイミングでスタートすればいいのでしょうか。

こやぎ組では子ども同士で声を揃えて「よーいどん!」と言いながら手を合わせます。

それを合図に走り出します。

すぐにタイミングは掴めなくてもいいのです。

「やり直す」ことで自分なりに気付くこともあるのです。

 

こぐま組は仕切られた狭い空間でぶつからないように走り回っています。

狭い空間で楽しんでる中、ぶつかると自然に「あ、ごめん!」という言葉が出ます。

こういう経験を沢山することで、人ごみで肩がぶつかってもキレるのではなく「すみません」と言える大人になれるそうです。

 

鉄棒の逆上りの練習も行いました。

ポイントは3つ。

・前に出した両手を自分へ引き寄せ脇を締める

・軸足を一歩前へ出し、踏ん張る

・反対の足を蹴り出す

どの子も真剣に練習をしています。

 

少し補助をしてもらえればこの通り!

自分で出来た、という感覚を掴むと飛躍的に伸びていきます。

『やる気』が出るんですね。

 

腹八分目という言葉がありますが、遊びも同じだそうです。

夢中になって遊ぶのはとてもいいことですが、だからといって子どもの満足するまでただ時間を使えばいいわけではありません。

決められた時間を過ぎて終了を告げられれば、高揚した気持ちを自分なりに諌めなければなりません。

それが大切なことだとげんき先生は言っていました。

自分で折り合いをつけることで気持ちのコントロールができるようになり、また次も楽しみたい!と期待できるようになります。

 

可愛い子ども達を相手にしながら、私たち保育士も日々勉強です♪

お問い合わせ 資料請求はこちら

各園のご案内

保育園紹介

園での生活

インフォメーション

つくし保育園で 働きませんか?採用情報

入園について

社会福祉法人 秀峰会

採用情報

各園のご案内

社会福祉法人 秀峰会

つくし保育園 東戸塚

つくし保育園の日常をご紹介 スタッフブログ

保護者様専用ページ ID・パスワードが必要です

【保護者様用(※PDF)】

登園許可証 ・与薬依頼書

つくし保育園 センター南

保護者様専用ページ ID・パスワードが必要です

つくし保育園の日常をご紹介 スタッフブログ

つくし保育園 上大岡

保護者様専用ページ ID・パスワードが必要です

つくし保育園の日常をご紹介 スタッフブログ