つくし保育園 センター南 スタッフブログ
2018.10.31
♫おはなし会がありました(幼児クラス)

先日の乳児クラスに引き続き、幼児クラスもおはなし会がありました。

『やまから やまかぜふけば ほら こんなに かき くり』

温かみのある先生のお声でリズミカルに詩が読まれていくと、子ども達はすぐにセリフを覚え一緒に口ずさみます。

友達みんなで同じ詩を言うことの楽しさを味わっていました。

記憶にも新しい、お芋ほりのお話になると『このあいだおいもほりいったよ♫』と、子ども達の表情はますます笑顔でいっぱいに。

『うんとこしょ どっこいしょ♪』と掛け声にも力が入ります。

お話に合わせ紙を切っていくと、あれ不思議!いつの間にか『ジャックオーランタン』の出来上がり♪

目も耳も楽しませてくれます。

こぐま組は素話『三枚のおふだ』

年長になると、登場人物や場面をイメージし、日常できない体験を想像の世界で疑似体験できるようになるのです。

日々の保育でも、たくさんお話を聞かせることで、想像力や言語能力が身に付き、感情が豊かになる効果も期待できたらと思います。