つくし保育園 上大岡 スタッフブログ
2019.02.09
水と風の力ってすごいね

わたくしたちの周りには、便利なものがたくさんありますね。おいしいジュースを冷やしてくれたり、いっぱい遊んで汗で汚れた洋服をきれいにお洗濯してくれるものがありますが、それは「でんき」の力を借りています。これ以外にはどんな力があるのでしょうか????子どもたちは困ったな~というお顔になりし~んと静かになってしまいました。ヒント!!「いきをふっうと吹くと・・・」「風船が膨らむ」「紙が動いたよ」等、子どもたちの表情も明るくなり、会話が飛び交いました。では、じっけん実験!だまし船を作って動かしてみましょう!

折り紙でだまし船を折りました。迷っているお友だちには優しく教えてあげる姿もあり、優しい雰囲気がありました。いいムードの中だまし船が出来上がり、息を吹きかけます。「すごい、動いた」「動かない?」なぜでしょうね?「お友だちから「強くふっ~とすると動くよ」とアドバイスが・・・「うごいた~」子どもたちの嬉しそうな声やお顔がありました。次は色画用紙で作った大きなだまし船です。子どもたちの息では動きません。うちわの登場!!力いっぱいうちわを動かしたら「動いた~っ」みんなで力を合わせたり大きなうちわなど風の力が大きくなると動かせるようになります。では、風の力以外に何があるでしょうか?これも難しいけど、身近にある「みず」はどうでしょう?実験じっけん!!コップ一杯の水を水車に流すとゆっくり回りました。「みんなで一緒に水を流すと早いんじゃない?」「やっぱり早い」風の力の時に学んだことが活かされました。風も水も沢山あると動きも早く、少ないとゆっくり動くことを知りました。台風は強い風とたくさんの雨が降ります。風で木や建物が壊れたり雨で川の水が溢れ家の中まで入ってきたら避難ということも知りました。