つくし保育園 上大岡 スタッフブログ
2018.12.14
空には何があるのかな?

空には何がある?「月」「太陽」「星」・・がありますね。朝見えるのは?太陽ですね。夜は・・・月。星も見えます。太陽や月の映像をパソコンで見ました。「わ~っ燃えてる~」「丸いね」「熱いかな~」等、子どもたちの感想が聞こえました。太陽と地球はすごくはなれていて、小さく見えますが、とても大きいそうです。ボールで比べてみたら、びっくり!!赤いボールが太陽、手のひらに乗るボールが地球です。直接太陽を見ることはできないので、特殊な眼鏡を付けてみてみました。オレンジ色の小さなボールのように見えました。「小っちゃくて丸いね」「オレンジ色」「赤じゃない?」と興奮気味に実況中継をしてくれました。

月には池みたいなくぼみがあることを知りました。くぼみのことをクレーターといいます。

クレーターはどうしてできるのでしょう?

星が衝突し、その衝撃でできたくぼみです。

星を作り、月に見立てた粘土のボールに落としてみたら、星の跡がくっきり残っていました。

空にもたくさんの不思議がありましたね。まだまだたくさんの不思議が、ありそうです。これからも「あれっ?」「なぜ?」「どうして?」を探検したいと思います♬