つくし保育園 戸塚 スタッフブログ
2018.02.02
節分の日会

節分というのは・・。昔は春が1年の始まりでした。そしてその1年が始まる前に、悪いもの(鬼)に出ていってもらうために行ってきたものだそうです。

鬼を退治するのにまくものはな~んだ? 「おまめ!」

節分に食べるものはな~んだ?「えほうまき」

そんなクイズもあり、みんなの中にも鬼はいるかな?という紙芝居をみて、みんなの中にいる鬼にも出て行ってもらう練習をしました。

そんな練習をしているところに、、お客さん(?)が・・・・・・

なんと、みんなの中の悪いものが大きな鬼となって保育園に現れました!

大人からみても迫力のある鬼、子ども達もこわかったり、驚いたりで泣いている子どももいました。

しかし、鬼が来たらどうするの?を覚えていた幼児が先頭になって鬼退治に励んでくれました。