つくし保育園 上大岡 スタッフブログ
2019.02.19
雪だるま制作。

大雪で事故やけがのニュースが聞こえますが、横浜は朝起きたら屋根にうっすら雪が積もったことがありましたがすぐに消えてしまいましたね。先日も粉雪がちらちら舞い、子どもたちはバケツを持って追っかけていましたが、積もることもなくあっという間に消え雪だるまは作れませんでした。少しさみしい気持ちになりましたが、みんなで雪だるまの制作をいたしました。

どんなお顔にするか目や口をお顔においてみました。笑った顔、悲しそうな顔、怒ってる顔等いろんなお顔になりました。

福笑いならぬ雪だるま笑い?をして遊びました。お友だちの声掛けなど協力がありましたが、「ちがう、違う」「ここだよ」の声と大きな笑い声もあり楽しい雪だるま制作でした。

みんなで作った雪だるま!!どれも個性的

不思議とどの雪だるまも笑っています。思わずにっこりしそうですね。

2019.02.16
成長しましたね。

「ほら!見て!ダンゴ虫」以前はきゃ~っと言いながら逃げていたのに、今では腕に乗せても平気になりました。「うごいてる」と言いながら優しく見つめています。

鉄棒は見上げるだけだったのに、今はぶ~らぶらとぶら下がりもできるようになりました。おへそが見えちゃったけど「カッコいいでしょう」

地上絵だって上手だよ!アスカの地上絵より小さいけど、なかなか素敵な絵が描けました。

「わたしのしっぽとれるかな?」まてまてっと追いかける職員を横目に素早く逃げ回ります。速くてなかなか追いつけませんでした。

「お山を作ろうか」「うん」と言いながら高く高く砂を積み上げ富士山ができるかな?

「誰が鬼?」「○○ちゃんする?」「わたしおに」とみんなで相談しながら役を決められるようになりました。

遊びや生活の中で順番を守ったり、相談してみんなで遊ぶことができるようになり、それぞれ子どもたちの成長があり、お友だちとのかかわりも深く楽しく遊ぶ姿にうれしく思います。

2019.02.09
ピザを作ったよ!

お金が無かった大昔は物とものを交換してお買い物をしていたそうです。子どもたちとピザを作りたいのですが、お金を持ってないので物とものを交換して作ることにしました。

「私のピーマンとあなたのマッシュルームを交換して」「僕玉ねぎあるけどトマトと換えて」等子どもたちの交換ごっこでにぎやかです。ピザの材料が揃ったら生地に張り付けていきました。おいしそうなピザが出来上がっています。お金があったら支払いはおかねですが、どんな種類のお金があるか知っていますか?「十円」「五円」「百円」など子どもたちが知っているお金を話し合いました。実際にお金を見てみると紙のお金もあり、「お年玉にこのお金もらったよ」の声がありました。

9種類のお金の価値はまだ十分にわかりませんが、何かを買うときにはお金が必要で、無いと買えないし大切なものということを学びました。しかし子どもたちには物々交換がとても新鮮で楽しかったようで、なかなか終わりませんでした